FC2ブログ

エロ原画家でいきまっしょい

ここのブログアドレスはhttp://kaisenn.blog77.fc2.com/です

taitoruba--zawazawa.jpg

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変なもの発見したww

20070526205130.jpg
なんだこれww

なんか勝手にテニスの王子様の最終回を考えてたようです昔のボク

果てしなくきめぇww

ちょっと見にくいのであのときのことを思い出しながらあらすじを書きますね


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝手に最終話game4562 「更なる高みへ」

全国大会を制覇した声楽

しかしそれは奇跡の連続であった

部長の怪我からの復活

しかし帰国の途中に飛行機が墜落

声楽メンバーは絶望に打ちひしがれた

そんな中行われた全国大会決勝戦

メンタル面は最悪の状況

しかしそのなかで富士だけはあきらめなかった

自らの右腕を切り落としあえて自らを窮地に立たせることで

自身の奥底に眠る力を引き出そうとしたのだ

そして富士は右腕を失ってなお試合に挑んだ

一ポイントもとれずゲームは終了した

しかしその闘志にあてられた部員たち

その後の試合でなんとか2-2の引き分けに持ち込む

そして一年エース病魔の登場

このとき彼のテンションは人間のそれを遥かに凌駕していた

止まって見えるボール

音速を超えるサービス

光り輝く体

腕毛陰毛脇毛脛毛睫毛眉毛それらの体毛一本一本が金色にひかり

それはまるで輝く太陽のようだった

部員の誰かが言った

あいつは・・・あいつはついに超えたんだ!

そう彼はこのとき無我の境地の境地をとうに超え

もはや人間ではなくなっていた

光る人間になっていたのだ

そして試合は終了する

ついに声楽は全国大会を制した



その一ヵ月後

全国大会の興奮覚めぬ中

病魔は部長に試合を申し込む

そうあの高架下での試合の再戦である

これを部長は承諾

ついにこの世に生れ落ちた二匹の人ならざる者同士が対決するのだった



審判はおらずセルフジャッジでおこなわれる試合

観客は誰もおらず時折通る電車の音のみが試合を観戦していた

否一人だけ

一人だけこの人ならざる者同士の戦いを見ていたものがいた

そう大意思だ

部内で唯一部長をストーキングする権利をもつもの

彼のみがここでただ一人

生きたる観客であった

そして始まる試合

それと同時に吼える怪物

それはまるで戦場に降り立った鬼

この小さな一年エースは闘志否殺気のみで相手を倒しかねない

そんなオーラを纏っていた

そのオーラにあてられた大意思はその場に立っていることができないほどだった

普段では決して見ることの出来ない本気の意思をもった怪物

それもそのはず彼は試合の始めから全力でとばすつもりなのだ

それを見て部長は話かける

「そうか・・・ついに無我の境地を超えたのだな・・・」

その問いかけに答える病魔

「無我の境地の上の無我の境地・・・スーパー無我の境地とでも

いうんすかね」

笑う鬼

そしてそれに答えるように目を細め微笑む部長

その微笑みはまるで息子の成長を愛でる四十代の親父のそれである

病魔のサービスが奔る

その軌跡は光輝き肉眼では捉えきれないスピードだ

それは常人・・・ましてや一ヶ月前に飛行機事故にあい

奇跡の生還をはたした半病人には決して見ること

そして反応して打ち返すことのできない

そんな破滅の弾丸

それをメガネ面の怪物は苦もなくリターンした

爆音がとどろく

それは確実にそして稲妻のような速さで

相手コートのコーナーに突き刺さる

まるで地上を駆けるチーターそのものである

鬼の顔が歪む

予想外の反撃

まさかここまで鋭いリターンが返ってくるとは思いもしなかった

しかし・・・

しかしそれでこそ自分の目標

一ヶ月で怪我を治せないようでなにが部長か

時速400キロを超えるサービスをリターンできなくてなにが部長か

この目の前にいる

自分に対して微笑みかけるこの怪物こそが我が目標

そして今日・・・この怪物を我は凌駕する!

たった一球その一球で両者のモチベーションはマックスまで高まった




これで何球のボールが破壊されただろうか

すでに試合は2時間に届こうとしている

しかしまだ終わらない

スーパー無我の境地になっている病魔

そして怪物

互いにベースラインで打ち合い牽制しあっている

しかし傍から見たらそれはただの暴風でしかない

傍らで見守る大意思はすでに衣服が風によって剥ぎ取られ

あられもない姿で試合を観戦している

それほどまでの暴風のなかで二匹の怪物はいまだにボールを打ち続けていた

その病魔がついに痺れを切らしたようにネットについた

勝負にでる病魔

その勢いに負けたのかメガネの怪物が打った打球は

浅いロブ気味になってしまった

ここぞとばかりに渾身の力を籠めラケットを振りぬく病魔

そのひとふりは千の軍勢をいともたやすく吹き飛ばすであろう

そんな対軍兵器のような振りから繰り出されるスマッシュ

それは下手な弾丸よりも危険なものだった

切り裂かれ行き場を失った風が裸の男をなでる

それをみた裸の男は部長の名前をさけぶ

あふぅん!メガネ逃げろ!

しかしその声を無視するかの用にその場で廻り始めるメガネ

そのスピードは徐々に速くなっていく

回る

回る

回る

それはまるで何かを降臨させる儀式のように神々しく輝いていた

すべての物理法則を振り切るかのように高速で回るメガネ

そしてその回転は人間の否人間が作り出せる速度を遥かに超えていた

メガネのまわりにあった空気はすべてそれに流され渦を形成していた

その渦は自然界にある強力なもの

そう台風のそれであった

その風に乗った渾身のスマッシュは浮き上がり

そしてメガネの真上に誘導されるかのように動いた

さしもの鬼もこの光景には息を呑むほかなかった

浮かぶボール

そして周りの風がやみそのボールが重力に逆らえずに部長の真上から落ちてくる

そしてそのボールをメガネの怪物はスマッシュした

爆ぜるラケット

千切れるガット

異様にへこんだボールはそのまま相手コートに突き刺さった

病魔は問いかける

「部長・・・それって・・・」

怪物が笑いながらこれに答える

「ああそうだ・・・これは俺が向こうのドイツで編み出した

新しい手津家ゾーン・・・トルネード手津家ゾーンだ」




そうしてスーパー無我の境地

トルネード手津家ゾーンを使った試合は更に加速度を増し白熱していく

「この手津家ゾーン・・・すべてのボールを無効化出来るんだよ!

そう・・・コレは台風と同じだ」

「吸い込まれたボールが巻き上げられてメガネの上空に上がる」

「そのボールをスマッシュしているんだ!」

ひとりうわ言のように解説する裸男

息は荒れまるで行為をしているときのように興奮しているかのような息遣いだ

あがった心拍数は外界にさらされている肌を高潮させ赤く染めている

それを無視して試合は過熱する

「ふん!そんなもん・・・台風を振り切るスピードをだせばいいだけじゃん」

そう思った鬼は身体に力をためる

もっともっともっともっともっともっともっともっと
もっともっともっともっともっともっともっともっと

そのためられたエネルギーは優に核を越えようとしていた

莫大なエネルギーをもってして鬼は

ラケットに力をこめ

渾身のスマッシュをはなった

衝撃で骨は折れ血管は軒並みちぎれた

身体が軋む口は鉄の味がする

筋肉はその酷使に耐え切れずぶちぶちと音をたて切れていく

もはや立つのが困難なほど病魔の身体はぼろぼろになった

そうしてまで打った渾身打球

それを迎え撃つはトルネード

回る

回る

回る

しかしたりない

その渾身の打球は台風を遥かに凌駕し突き抜けようとしていた

打ち負ける・・・

そう思ったメガネはさらに回転の速度をあげる

コマのようにモーターのように

エンジンのように

コートはハードコートにもかかわらずえぐれ

コンクリートがむきだしになっている

それでも回るのをやめないメガネ

その中心の気圧はすでに台風を超え

自然界すらも凌駕し始めていた

遠心力で吹き飛びそうになるラケットを必死に握るメガネ

すでに肩肘手首は脱臼している

上腕骨とう骨尺骨は折れ否千切れもとの腕の倍のながさになってしまっている

それでも回るのをやめないメガネ

あんっ・・・やめろ!いいかげんにしないと死ぬぞ

裸男がフェンスにしがみつき鉄のひんやりとした感触を楽しみながら叫ぶ

加速する回転

もはやそれは誰にも止められることはなく

そして自らも止めることは出来なかった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






唐突で申し訳ないですけどここまでですね

ここら辺からはもう考えてなかったので

これが精一杯です

まあ結構アドリブはいってるんですけどね

まあなんていうか

最終話でこんなにページとれねえよ

もはやテニスじゃねえよ

てにぷりファンの人に殺されるんじゃねえの?

なんでこんなあほ記事書いたんだろう?

といろいろと言いたいことはありますがまあいいでしょう

しっかしこんな長文久々にかいたな

いままで時間時間時間っていってたのにねぇ?

まあでも明日からはそういう時間ない病にまたかかるんじゃないでしょうか

だって今日まだ一枚も絵描いてないもん^^

さすがにホムペづくりとエロゲに時間割きすぎた^^

とうわけで今日という時間は残り少ないですが

ちょっとでも絵を描いとこうと思いますので

今日はこの辺で

もしコノ決着みたいっていう奇特な人がいたらいってください

まあそんな人いないと信じてますからこんなこと書くんですけどね

それでは~

人気ブログランキング
別に押してほしくなんかないんだからっ!ξ*゚⊿゚)ξふんっ!

↑人気ブログランキング参加中↑

あと自分のホームページのイラストのところが充実してますよ^^

できれば暇なときでいいので見てあげてください

それとなんか記事にうぇぶ拍手なるものがついてるんだけど

なにこれ><

つけたおぼえないいいいいいいい by開栓注意

コメント

イラスト見せてもらいました。すげぇ・・・・・今年から一日何時間ぐらい描いてたの?

突っ込みどころ満載ですがそこはそれ、相手が開栓さんなので放置プレイです><

HPみたら色々追加されてたので楽しみました(・∀・)/
そしてリンク修正されてる・・・・ありがたや、ありがたや。

>
仕事してたとき(一月~二月)は一日二、三時間くらいですね最大で五時間くらいは出来たはずなんですが・・・やる気がね・・・
仕事止めた後(二月から四月まで)のガチニート状態のときは平日八時間以上休日五時間以上って決めてましたね
達成率は8、90パーセントくらいかなぁ
学校行き始めてからは必ず一日三時間以上!(学校にいる時間除く)と決めてますが
いかんせんやる気が・・・・
でも今はエロゲやって元気百倍ってか(ry
虹ヲタ自重しますwwww

>天さん
放置プレイ!?くやしいのに・・・感じちゃ(ry

自分、リンク修正かなり遅れてませんでしたか?
もし遅れてたら申し訳ないです><

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kaisenn.blog77.fc2.com/tb.php/230-572f607e

 | HOME | 

TweetsWind

Appendix

開栓注意

HN:開栓注意(kaisenn)

エロ原画家になるため修行中 
お年:24(1/27)
性格:おっぱい大好きすぎて
生きるのがつらい 
好き:ロリ(二次元) ツンデレ(二次元) プリーツスカート おっぱい おっぱい メガネ ニーソ パンツ
絵描き歴:5年経過
  (十年したらきっとうまくなるさ・・・)

個人的に連絡を取りたい方はこちら
kaisennitame○mediacat.ne.jp
(○を@に変えてお送りください)
遅くとも1週間以内には返信いたしますが、もし送られてこなかった場合お手数ですがこのブログのコメント欄にその旨を非公開でもかまいませんので書き込んでいただけるようお願いします(その際に連絡先のメールを書き込んでいただけると助かります)

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

相互リンク募集中
全ページリンクフリーです><

Recent Entries

Recent Comments

twitter



押してくれるとうれしいな
とかそんな感じ
FC2ブログランキング

人気ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。